しなやかに生きる人のブログ

自分の思いに素直に生きることを決めた私のブログ。しなやかに楽しく暮らす様子や、思ったこと感じたことを書いていきます。旅が大好き、ビールも大好き。旅を愛し旅に愛される女、旅人めぐみです!

【保存版】韓国旅行・準備編

こんにちは。旅するために生まれてきた♪めぐみです。少し間が空いてしまいましたが、先月行ってきた済州島の情報の続き✨

 

済州島の様子をざざっとまとめた旅日記はコチラ⏬

旅日記【韓国・済州島】気ままな一人旅♪ - しなやかに生きる人のブログ

 

韓国に行く時も使える、海外旅行の準備編はコチラ⏬

【保存版】海外旅行・準備編 - しなやかに生きる人のブログ

 

さて、韓国は済州島に旅してきた私が感じた、韓国に行くならこれだけは準備しておけ!的なことをまとめようと思います。なぜって、韓国は思ったより旅するハードルが高かったから…。台湾とか香港はもっと気楽に旅できた気がするのですが…

ということで、韓国に行くならぜひ知っておいてほしい情報をまとめます!

 

 

 

知りたいこと、伝えたいことをハングルで書いていく

基本的なことから入ります。まずは、知りたいこと、伝えたいことはハングルで書いていくという基本的なこと。私は、最近海外一人旅に慣れたつもりになって、ナメていました。言葉の壁。済州島では英語があまり使えないとは知っていましたが。まさか、「コンビニはどこ?」が伝わらないとは…。

ということで、基本のキ。ちゃんと書いていきましょう。

 

ちなみに、私が準備していったのはこのひとこと。

안맵게 해주세요(アンメッケ ヘジュセヨ)/辛くしないで下さい

 

辛いものが食べられない私には、何より必要な言葉!!このフレーズは、ネットで調べてコピペしました。だって、韓国語なんてまったく知らないんだもの…。ガイドブックなどにも、簡単なフレーズが載っていますね。今回はガイドブックも持って行かなかったので、これだけでも控えておいて本当に良かった…!みなさん、必要な言葉は、ググる→コピペ→それを見せながら、適当でも発音する、という流れで伝えましょう!

 

 

カオマップをダウンロードしておく

前回の記事で触れましたが、韓国では軍事的な理由から、グーグルマップが機能しません。マップは見られるのですが、ハングルのみだし、タップしても情報も見られなければ経路検索もできない。見知らぬ土地ではグーグルマップに頼りきりの私には、ピンチ…!ということで、事前に対処法を調べました。

 

それが

カオマップ

 

カカオトークという、LINEみたいなメッセージアプリをご存知ですか?昔、CMもやってたなぁ。現在、韓国ではカカオトークが主流。日本ではLINEだし、国や地域によってメインのアプリが違います。今調べていたら、カカオトークは日本では浮気アプリなんですってよ…

 

そのカカオが出しているマップ、カカオマップ。これが、グーグルマップのように経路検索などができて便利でした!

 

ただし…

 

⚠️ハングルしか使えません⚠️

 

困った、ハングルがわからなくて困っているのに!

ということで、試行錯誤して探し出した解決法がこちら。

 

カオマップ解決法①

事前に行き先を調べてブックマークしておく

1つ目の方法は、事前に調べておくこと。観光名所などは、グーグルマップで場所を調べ、カカオマップの同じ場所をタップすれば、大抵の場所は見つかります。あとはブックマークするだけ。これは便利でした。

 

カオマップ解決法②

ハングル表示のサイトを探す

2つ目としては、ハングル・日本語の両方が書いてあるサイトを探し、そこからコピペで持ってくる方法。

 

主にお世話になったのは日本語の韓国観光情報サイト、KONESTさん。

https://www.konest.com/m/

 

個人のブログなどでは、韓国語表記がない!困っていたのですが、こちらのサイトの観光地のページには、日本語・英語・ハングル全ての表記があります。なので、その表記をコピペして使いました!

この方法、おススメです。

 

 

バスの移動は計画的に

最後に、バスでの移動編。済州島はレンタカーがオススメされているのですが、車の運転が苦手な私。ニュージーランドでは、マイカーをアップサイドダウンさせてしまうという珍事を引き起こした私が、右側通行の国でなんか運転できるはずがない!と、レンタカーは諦め。バスであちこち回りました。

そんな私がおすすめする、バスの乗り方。

 

①カカオマップで行き方を調べる

先程紹介したカカオマップで経路検索をします。慣れていないと見づらいですが、文字とマップ上で経路が表示されます。とりあえず、バスの番号と大体の時間がわかればOK。乗っちゃいます。

 

②バスに乗る

済州島のバスは、前乗りの先払いでした。コンビニで購入したTmoney card(Suica的なやつ)をピッとタッチすればOK。ちなみに、スマホおサイフケータイ機能で使えるカードがあったのでダウンロードしたのですが、反応が遅く、使い物になりませんでした。カード代は安いのなら2500w程度だったので、買っちゃいましょう。降りるときもタッチすると、次に乗り換えたバスが無料になってたようです♪

 

③目的地に近づいたらスマホを凝視

端末の位置情報をONにして、自分がいる場所をカカオマップでチェック。近づいたかな、と思ったらブザーを鳴らして降りましょう。観光地などは、バス停の名前がハングルと英語の表記になっていたので安心です。降りるときもカードタッチしてね。乗り換えない場合は多分しなくて大丈夫。

 

こんな感じでバス移動できました!ちなみに、普通のバスは10分だろうが1時間乗ろうが値段は変わらないみたいでした。Tmoney cardで1150w〜で、120円〜200円前後。一番高いリムジンバスでも5500wでした。3泊して、結構バスを使った(トータル8時間くらい!)けど、2000円くらいのチャージで十分。交通費、安いな〜。

 

まとめ

このように、カカオマップを使い、紹介した方法を駆使することで、全くツアーに参加しなくても1人気ままにバス旅を楽しめました♪これから韓国に行く方は参考にしてください(^^)

 

f:id:shinayakaniikiru:20181206164655j:image

右側の乗り降りに違和感あり…。

 

✨Enjoy my life✨